双極性障害を治療するために医師の診断を受けましょう

双極性障害の特徴

医師と話す女性

うつ病との違いを知る

心の病として最もかかってしまう人が多い病気の一つに、うつ病という病気があります。うつ病は双極性障害と似たような症状を持っていて、医師の診断を受けるまで鬱だと思っていたという人もたくさんいます。しかし、双極性障害にはうつ病とは違う部分がいくつかあるため、双極性障害特有の特徴を知っておけば、双極性障害の治療に詳しい医師の元で治療を受けることを選択できるのです。

医師を選ぼう

双極性障害とうつ病の最も大きな違いは、気分にムラがあるかないかという点です。うつ病は基本的に気分が沈みっぱなしになってしまうのですが、症状が軽い時期には普段と変わらない生活を送ることができます。しかし、双極性障害の場合は、気分が落ち込んでいる時期はうつ病と同じような症状なのですが、躁状態と言われる状態になると、興奮して自分を抑えることができなくなってしまうのです。そのため、双極性障害になってしまうと、うつ病よりも自分の感情をコントロールすることが難しくなってしまうのです。

医師でも判断できない時が

自分が双極性障害だと思ったら、専門的に診断を行って治療をしてくれる病院を選ぶ必要があります。そのため、病院を選ぶ際には双極性障害の治療経験の多い医師に診断をしてもらうようにしましょう。うつ病と似た部分があるため、経験の浅い医師では間違った診断を受けてしまう場合もあるのです。医師をしっかり選んで診断を受ければ双極性障害は十分に完治する病気なので、医師の選び方だけは注意し、質の高い治療を受けられるようにしましょう。

双極性障害という病気の周知

双極性障害という病気があります。所謂そ躁鬱病と言われたこの病気は、医師でも診断に狂いが出ることがあるのです。双極性障害では、一般的に躁の状態と鬱の状態が繰り返すと言われていますが、人によっては定期的な変化ではないため、周囲は全く気が付かないことも多いのです。暫く鬱状態にあった人が急に明るい態度を取って、モチベーションの高い発言をする時でさえ、周囲の人は気持ちの変化などという勝手な診断を下しがちです。それというのも、双極性障害という病気は、社会認知度が極端に低かったためとされています。精神科の医師も、平常心を保っている状態の患者を診断した時は、気分障害の診断結果しか提示していませんでした。しかし、潜在的な患者が増えるにつれて、行政レベルでも対応が迫られるようになってきました。

この双極性障害の認知度が上がってきたのは、つい最近のことです。躁の状態と鬱の状態を繰り返すという患者も、普段は普通にしていることが多く、周囲は病気に気づきにくい状謡があります。そこで大切なのは患者の経過観察です。症状がいつ顕著になるのかを抑えて診断を受けるようにすれば、適正な治療に繋げることができます。社会的に埋もれていた患者を発掘して治療に結び付けようと、学校や企業を対象に新たな取り組みも始まろうとしています。そのため、双極性障害の詳しい診断基準の資料も作成が進んでいます。これまで、社会の隅に忘れ去られていた患者に、ようやく光が当てられようとしています。今後の患者の発見には、さらに月日を要します。